シルエットシェード

ハンターダグラス社のシルエットシェード。すでにポピュラーな商品ですが、モダンインテリアにはピッタリ。大きな掃き出しの窓に取り付けると、外から室内を見た時もすごくオシャレです。基本的には窓枠内付けが多いので、さらにカーテンの追加もできます。

 

デュエットシェード

ハニカム構造の不織布を使ったスクリーンとしては最初に発売されました。近年は節電効果があるので人気があります。ハンターダグラスのカタログでは遮音効果も期待できるそうです。
昇降操作の「ライトライズ」はコードもチェーンも使わず、軽い操作で任意の位置でピタッと止まるスグレモノです。

 

ハニカムサーモスクリーン

セイキ総業社のダブルハニカム構造をもつスクリーン。実際に使用しましたが、遮熱効果は絶大です。一般的に窓の冷気(熱気)を遮断する際に、空気の層を設ける手段として2層ガラスなどが効果的ですが、これも同じ理屈で空気層を2重にしています。

 

ハニカムサーモスクリーン・・・詳細

窓と室内に隔たりをつくる事で夏は涼しく、冬は暖かくできます。また冬場の結露にも効果的です。

 

ハニカムサーモスクリーン(パネルタイプ)

ハニカムスクリーンをパネル型に固定して、スライド開閉で障子のようにも使えます。大きな掃き出し窓ならお勧めです。